前へ
次へ

現代の家出調査

家出調査はある日突然に「行先を告げることなく家出した人物の所在」を特定する調査となります。家出ということばを耳にすると多くの人物は「子供や未成年者の家出」を連想されるのですが、現代の家出はもっと幅広い意味合いで使用される言葉となっています。たとえば「ある日、突然に奥様が離婚届を置手紙のかわりに家出」される家出などが代表的と言えますが、このような家出調査には「探偵に家出人の所在を捜索」依頼することが望ましい案件と言えるのです。何故、探偵に依頼することが望ましいのかご説明しますと、一言で事件性が少なく「何らかの理由で家出したことが明らか」であり、民事の範囲内での問題が家出に関わっていることが考えられるからなのです。ですから警察などに捜索願いを出す類の家出人の捜索とは異なると言えるのです。離婚届が置いてあったことから判断しても「離婚して新たな生活」をするために家出をしたことは明らかであり、多くの場合に「パートナーとの話し合いが無く家出」のケースでは異性の存在が想定されるのです。一方的な離婚と家出が重なったケースは「以前から異性が存在していた」と判断出来ますし、「新たなパートナーとの生活を考えているからこそ」突然に家出であり、離婚届が置いてあるのです。

もし、事実を確認するにしても「手がかりとなる場所に家出人が来る」ことを想定して張り込みや尾行を駆使して「現在の居住先で誰と生活しているか?」確認することが望ましいと言えるのです。

まずは事件性の有無を確認する

家出したご主人や奥様が「何らかの事件に巻き込まれた可能性」は第一に考えなければいけません。日常生活の中で普段からご自身の予定をパートナーに告げる人物が突如「音信不通になるケース」では必然的に事件性が高まります。今日は「食事はいらない」などの連絡を家族にする人物が音信不通になることは「トラブルに巻き込まれている」可能性が払拭できないでしょう。これらに近い状況にある家出は早期に捜索願を提出する必要性が非常に高いと判断出来るのです。このようなケースとは別に何等かの「意思表示となるもの」が確認できるご主人や奥様の家出では事件性が低いという判断が可能であるため「必要な手法を探偵と相談し居場所を特定する」ことが一つの判断となるのです。御主人や奥様に対する不満・日常生活が全て嫌になって人生を変えたいなどの言葉を口にした過去がある人物などは「理由が存在し家出」した可能性が高まります。残りの人生がパートナーと過ごすことに抵抗を感じている人物は「自身の人生を見直し」新たな自分探しのために家出を選択する方も少なくないと言えるのです。

旦那様や奥様の家出

奥様や旦那様が一言も断りなく家出してしまう。家出の理由は様々想定できますが、あなたが親戚・身内や親しい友人に相談するには「判断に時間が必要」と考えられ、「可能性を模索する」ことが必要に思えます。そして、家出した人物の過去の行動や家出に繋がる言動がなかったか?記憶をたどることで、ある程度の答えを出すことが必要となることでしょう。その作業の中で「思い当たる言動が記憶にあった」ならば「家出する理由」は幾つか考え付くこととなるでしょう。もし、過去の行動で外泊や友人と長時間の交遊が頻繁にあったならば「異性関係で家出」の可能性が高くなると言えるのです。どうしても「家出の理由が思いつかない」場合には「結婚生活が耐え難い」と考え家出した可能性もあるのです。実際にパートナーが家出してしまったならば「第一に居場所を知りたい」と多くの方は考えるものですが、実際には家出した理由を特定してから現在の居住先を「想定した家出理由に沿って探す」手法が必要となるのです。

家出理由に心当たりがない

家出した理由がまったく想定できないケースは、家出人を探し当てることが困難な家出と判断できると共に、幾つもの家出理由を想定しながら捜索する必要性が高くなってしまうものです。必然的に警察への捜索願が必要と判断するタイミングも時間の問題でやってくることでしょう。事件性の確率が多少でも考えられる場合には捜索願は早期に出すことが望ましいと判断出来るのです。警察の捜索は多くの場合には事件事故に関わりが無いと判断されなければ早期に捜索が開始されることは望めません。日本全国で日々に認定される失踪人の数は警察の対処できる数を大きく上回っていることが現実にあります。捜索にあたり優先順位が設定されることも仕方のない判断と言えるのです。

警察の捜索が期待できない家出人の捜索は「探偵による捜索が必要」と判断できます。家出した時点での状況から幾つかの家出理由を想定して依頼人の同意のもとに「家出人の捜索活動を早期に実施する」のです。

Page Top