前へ
次へ

浮気調査を実施する判断を下す

あなたに浮気調査が必要か?自身で判断を下すことはお勧めできません。何故なら、自身の想定というものは「良く考えがちであったり、最悪のケースを想定していない」ことが多く存在しているものなのです。このような場合には特に親しい身内や友人に相談した後に「探偵や興信所に相談」が妥当な流れと言えることでしょう。場合によっては探偵に相談するまでもなく被害妄想であるケースもあるのですから。

仮にご自身単独での判断により「浮気調査を実施する判断を下す」とします。浮気調査を実施して「どうしたいか?」が明確でない状況下(浮気の証拠をどう利用するか?明確でない状況)で調査が進行します。3、4日の浮気調査で親密な異性との接点を確認できたとします。しかし、浮気相手と判断するには状況証拠が乏しく「飲食を共にした異性」以外の判断は不可能な状況と言えます。更に浮気調査を3日程延長しましたが「それ以上の行動は確認できない」という調査報告になりました。合計7日間の浮気調査を実施して「浮気の証拠は得られない結果」となりました。

このような浮気調査は探偵がご相談を実施した上で調査に着手したならば多くは削減できると言えます。

なぜなら、探偵がご相談時にお話しをお伺いする際に「何を目的に浮気調査を実施するのか?」必ずお訪ねすることとなっております。その答えにより「調査に必要なおおよその日数や費用を概算見積もりとしてご提示」することが常識となっているのです。加えて、詳細な生活パターンや浮気が怪しい曜日とその理由などをお伺いして浮気の可能性が高い日程で浮気調査に着手するのです。極稀にご相談者様の勘で浮気調査を実施することもありますが「探偵は無駄な調査を多く実施」することとなってしまうのです。

<h3>探偵との密な相談が実施できるかどうかで浮気調査の結果に変化が生じる

難易度が高い浮気調査案件になればなるほど「調査着手前のご相談が重要なポイント」となることは当然と言えます。

相談がラフな探偵ほど細かなミスや失敗が調査現場で多く発生し「スムーズな浮気調査の妨げ」になるのです。事前情報の量が多ければ不必要な調査時間も多く削減できますし、小さなミスもリカバー可能なケースも存在するのです。

調査着手前の探偵との相談が如何に重要であるか認識されることでしょう。

如何に現場で調査を実施する探偵が優秀であっても、正確な事前情報を多くもって調査に着手するのとは最初から大きなハンデが存在していることになるでしょう。怠慢な業務を実施する探偵の相談は「ポイントを聞き逃した相談」を実施することになりがちであり、現場で調査を実施する探偵たちにも十分に情報が届かないため「つまらないミス」に繋がってしまうのです。例えるならば「調査対象が頻繁に自転車を利用する」情報が現場に行き届かなければ「調査初日から失敗」となってしまうのです。このような初歩的なミスを犯していては浮気の証拠取得までの道のりが長くなってしまうことは当然と言えるでしょう。

浮気調査の結果は探偵との相談により変化が生じる事実を認識されたことでしょう。そして、ミスの少ない浮気調査は調査時間の削減にもつながり、大きなメリットとなってご依頼者に戻ってくるものなのです。そして、浅い相談が原因で早朝から深夜まで浮気調査を実施する無駄の多い探偵との契約には注意したいものです。

相談内容を高い理解で対応してくれる探偵

今、あなたの目前で相談に応じている探偵が正確な理解力で問題解決に最適な調査手法を提案しているか?この重要ポイントは探偵との契約後の調査進行に大きく関わる問題となることでしょう。相談時点でこのような見極めが甘いと後に多額の調査費用が増し増しとなって降りかかってしまうのです。的外れな理解をしめす探偵はお電話やメールでの問い合わせの段階でも見え隠れするものです。こちらが意としている質問に適切な回答が得られない探偵との相談は現実的ではないと問い合わせ時点で判断が可能となるのです。理解力が高い探偵との密な相談は有意義と言えます。時間を掛けて相談すればするほど有意義な回答が得られることは間違いないでしょう。そして、相談者が多く情報をもって相談したならば「かなり現実的な相談が可能」となるのです。契約後に着手された調査に関しても多くの無駄が省かれた有意義な調査が実施され「満足な調査」となるのです。短期間に浮気の証拠を取得できる浮気調査が可能な探偵などは、このような業務が当たり前であり、切れ者と呼ばれる探偵が人材として在籍している言えるのです。

Page Top