前へ
次へ

探偵の実施するパーフェクトな調査?

完璧な調査を求められるご依頼者が稀に存在します。しかし、探偵の調査は精密機械が実施していませんから毎回パーフェクトに完遂しません。これは如何に優秀な探偵が実施しようが変わりません。シュチュエーションに対する難易度から影響を受ける物事の変化ですので「調査が不可能なシュチュエーションも存在」するのです。もう、ご理解いただけるとは思いますが「探偵の実施する調査にパーフェクトは存在しません」のでご依頼の際に確認されることが望ましいのです。例えるならば報告書に添付する画像が全て表情が理解できる正面からの画像であったり、入店した店舗で購入した全ての物が写真付きで報告書に添付されることなど無いのです。普通に考えて人間業を遥かに超えたレベルのお話しになっています。このような完璧は不可能としても「重要な場面を逃さないという意味での完璧な調査」は実施可能な優秀な調査力をもった探偵は存在するかもしれませんね。

一匹オオカミな探偵の調査?

探偵の業務の多くはチームプレーで実施されることが多いと言えます。稀にその事実に否定的な「一匹オオカミを好む探偵」も存在しますが「ひとりきりで可能な調査は本当にほんの少し」という認識が正しいのです。もし、あなたの知人に自称探偵という人物が存在したならば「一人でカッコ良く調査を終える」ことがあるか聞いてみると良いでしょう。

その人物が正直な探偵ならば「一人で可能な調査はほんの少し」という答えをもっているものなのです。逆に嘘を平気でつく信用ならない自称探偵ならばハードボイルドを気取って「なんとか一人で調査するよ」という答えで対応してくるでしょう。カッコ良い探偵に思われたい気持ちは理解できますが嘘は職業柄「信用を失う」のでやめたほうが良いでしょう。もしも、BARで気取ってそんな話をしているところを同業者の探偵に聞かれたならばこの上ない恥と思います。

正直に真実をご報告する職業が探偵なのですが「一部の探偵は正直さに欠ける人物」も存在していると言えるのです。

探偵業界の嘘・本当

探偵業界にまつわる信じられない嘘は数多く耳にします。本当に嘘やハッタリが横行している業界と言えるのです。ここで全てを暴露したい気持ちもありますが同業者の恥となりますので全ては控えたいと思います。軽くお話ししますと一部の知名度がある大手探偵社のトップにいる人物のお話しで言えば「仕事上の名前は偽名」であったり、経歴を詐称してる等のかわいらしい話があります。作り話が得意な人物が多い職業が探偵なのですかね?

悪意の探偵と善意の探偵

皆さんがお持ちの探偵に対するイメージがどのようなものか知ることが出来ない探偵業者は自身のあり方で「探偵業のイメージ向上を図る」ほかに手段がありません。いくらマスコミに露出し社会の悪と対峙しても「探偵業界の浄化」には程遠いと言えるのです。その証拠に探偵が世間を騒がせる事件が後を絶たない状況にあることや探偵業務の適正化を念頭に置いた法律が施行されても「探偵に対する苦情や社会のイメージ向上は図れない」と言えるのです。確かに法律によって「探偵を偽る人物は減った」と言えるでしょう。しかし、探偵によって引き起こされる各種トラブルが減少したか?というお話しになると、現実の苦情や事件が減少傾向にはないと言える現実が存在するのです。悪意ある業務を実施不可能にするには善意の探偵たちにも迷惑なリスクがともなってしまう問題と言えるのです。

悪意の悪徳探偵に関わらないために

探偵に関する悪評や苦情が後を絶たない事実は「悪意の探偵が現実に存在する」証拠と言えるでしょう。満足な調査結果を探偵の調査で得られなかったご依頼者についても「探偵に対する評価はかなり低いもの」となることでしょう。それでも悪意の悪徳探偵は営業を継続し「探偵業界の低迷」に繋がる業務を継続してゆくのです。このような存在は探偵業法でも取り締まることが出来ない現状にあります。世間のグレーゾーンと呼ばれる曖昧な部分で言葉巧みに悪質な業務を実施しているのです。たしかに法規によって可能な悪質業務は減少したかもしれませんが、悪徳探偵の本質的な考え方である「お金になればそれで良い」や「結果などしったことではない」などの思考が根底に存在する限り、探偵業界の浄化は困難と言えるでしょう。このような探偵と関わらないことがとても重要なのですが、問題を抱え思い悩む相談者である人物たちには「探偵を選ぶ余裕が精神的にない」状況の方が多く存在し「どうしても悪意の探偵に関わってしまう」悪循環が原因として考えられるのです。このような悪循環を回避する手立てとしては、精神的に弱っている人物が一人の判断で「単身にて探偵に相談することは極力避ける」ことが対策としては有効と考えられるのです。

Page Top